成果を生む方程式

 京セラ、auを創業し、JAL中興の祖となった稲盛和夫氏が、次の方程式を提唱しています。

 能力 × 熱意 × 考え方 = 仕事の結果

 能力と熱意は0~10。
 考え方は-10~10。

 仮に能力10を持ったベテランAさんがいるとします。
 しかし、熱意は1しかありません。

 次に経験浅く、能力3しかない若手Bさんがいます。
 彼はやる気に満ちて、熱意8を有しています。

 すると、10×1=10 < 3×8=24。
 熱意さえあれば、少々の能力のハンディは取り戻せます。

 この公式の肝は、足し算ではなく掛け算であるということ。
 合わせて、最後の「考え方」にはマイナスがあることです。

 即ち、どれだけ能力と熱意があったとしても、考え方がゼロであれば成果は導けません。
 いや、考え方がマイナスであるなら、能力や熱意が高ければ高いほどダメになります。

 典型的なのは、テロリストやカルト教団です。
 卓越した能力を有し、並はずれた熱意があればあるほど、狂信的な破壊活動へ突っ走る。

 管理職やリーダーが、人間性と高め、正しい考え方を身につけなければ成らない理由がそこにあります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR