尋常成る手段

 企業は営利を追求する集団です。
 その集団のリーダーでもある店長は、「何が何でも」利益を上げる必要があります。
 くれぐれも、「手段を選ばず」ということではありません。

 他人を騙したり法を犯したりして、一時的に利益を上げたとしても、永続はできないでしょう。
 いつ爆発するか分からない時限爆弾を抱えるようなものです。

 ・ ディーゼル排ガス規制の数値を偽ったフォルクスワーゲン
 ・ 会計報告を何年にも渡ってごまかし続けた東芝
 ・ 免震装置に使用されるゴムの性能データを改ざんした東洋ゴム
 ・ マンションの杭データを流用・改ざんした旭化成建材・・・

 直近、一年間だけで見ても、数多くの不祥事が発覚しています。
 各々歴史も伝統も力もある、エクセレントカンパニーばかりです。
 
 財務的にも余力のある会社ですから、これをもって直ちに倒産ということはないでしょう。
 過去を振り返れば、森永や雪印や三菱自動車といった企業も、存亡にかかるリスクを乗り越えて今日があります。

 しかし、証券会社大手であった山一証券は、不正会計を発端とした一連の不祥事により、廃業に追い込まれました。
 大企業であってもそういう末路なのですから、中小企業ではひとたまりもありません。

 不正は麻薬と一緒で、心の隙を突いて、どこからともなく忍び寄ります。
 そして、一度手を染めると、正に麻薬の様な常習性で止められなくなります。
 
 だからこそ、コンプライアンスはすべてに優先する。
 尋常成る手段で、利益を上げるからこそ意味があります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR