何を言う 否 誰が言う

 二話連続で見城徹さんの著書「たった一人の熱狂」を題材にしました。
 読みようでは少し、否定的に聞こえたかもしれませんが、決してそうではありません。
 思いは同じで、表現の仕方が違うだけです。

 さて、この中にもう一つ、我が意を得たりの文章がありました。

 【 「どうしても今の仕事にやり甲斐が感じられない。転職しようか。」と悩んでいる人がいる。
  君が自他共に認める無能な社員ならば、安易に転職せずに今の仕事に踏み止まった方が良い。
  自分に欠けている能力を補填しようと努力しなければ、転職したところで今より環境は悪くなるに決まっている。
  
  - 中略 -

  「どんなに苦労してでも、自分はこの仕事をやりたくてたまらない。
  好きな道なのだから、いくら苦しくても耐えられる。」

  そう言い切れる仕事でなければ、爆発的な情熱は沸かない。
  情熱がなければ、苦しかったり困難に直面した時に心が折れてしまう。
  困難にぶち当たった時に簡単にめげるようであれば、君はその仕事を本当に好きではないのだろう。 】

 転職について、悩んでいる社員に、手を変え品を変え、様々なメッセージを贈ってきました。
 しかし、大切なのは「何を言うか、ではなく、誰が言うか」。
 自分の様な、中途半端な人間の言葉に説得力は無いでしょう。
 
 これは、幻冬舎社長「見城徹」さんからのメッセージです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR