マネジメントせよ!

 12月16日(水)、第4回「感謝の集い」が開催されました。
 これまでは夏季の日曜日でしたが、やはり繁盛期前の方が盛り上がるだろうということで、望年会も兼ねて実施した次第です。
 店休日開催によって、全社員総出でおもてなしすることができました。

 地元の方はもちろん、南予方面はチャーターバスを手配し、県外からも二名のオーナー様にお越し頂いています。
 今までと同じ会場ながら、人数が多過ぎたため、少し窮屈だったかもしれません。
 次回からは、会場を替える必要がありますが、これも会社の成長を実感する事象です。

 基調講演は、エイブル経営管理本部の山岡マネージャーによる、「エイブルレジェンドが語る賃貸経営のポイント」。
 1. 賃貸住宅オーナー様は経営者。 経営者であるからにはマネジメントしなければならない。
 2. 自らの物件に泊まったことがあるか? 寝泊まりしなければ入居者の気持ちには寄り添えない。
 3. 退去時、更新時、入居者の声に耳を傾け、入居者の本音を探るべきである。
 4. 空いてから手を打つ対処療法ではなく、長く住み続けて貰うための予防療法が重要。
 5. 物件毎に状況は違う。 「入居者に人気の設備ランキング」等は鵜呑みにできない。
 6. 貸主&借主&社会、三者の関係をつなぐのが、パートナー(管理・清掃・修繕・・・)の役割。
 7. 知識を得て終わりではなく、オーナー様と管理会社が改善に向け話し合うことが肝要。

 現役時代15店舗で指揮を執り、5店の新店をOPENさせ、累計15,000件の仲介を決めてきた経験は流石です。
 御客様に対する遠慮もあり、我々の立場からは言い難い話しも、歯に衣着せぬ口調で説かれます。
 評論家ではなく実務家としての、金言至言の数々が胸に響く、素晴らしいお話しでした。

 講師の言葉の通り、勉強して終わりではありません。
 これをきっかけに成果でお役立ちできるように、オーナー様と社員とが膝詰めでトコトン話し合い、実行・改善していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR