表面上の利益相反

 管理はオーナー様の立場、仲介は入居者様の立場。
 そう考えると、二者の立場は表面上利益相反になります。

 また、ある一定のボリュームを超えると、二つの機能を分離せざるを得ません。
 この機能分離にはメリットとデメリットがあります。

< メリット >
1. 生産性が高まる
  一つの仕事を集中してやることで効率が良くなります。

2. 専門性が追求できる
  滞納督促にしても、クレーム応対にしても、点検業務にしても、同じ仕事を繰り返し行うことでエキスパートと成り得ます。

3. 属人性に頼らず、組織力でフォローできる
  その人でないとできない・・・それが故に休めなかったり、入院や退職時に業務が滞ってしまう事態を組織力でカバーします。
  
< デメリット >
1. 部門間障壁が生まれる
  「こんな面倒な入居者を入れやがって」
  「管理が悪いから入居が決められない」
  互いに責任を転嫁し、仲間なのに、敵対視してしまいます。

2. ゼネラリストが育たない
  総合的・網羅的なものの見方ができず、業務改善も難しくなります。

3. オーナー様とのコミュニケーションが取り難い  
  個人的に信頼している人が居ないため、コミュニケーションは希薄になりがちです。

 我が社では、こうしたメリット・デメリットを鑑み、現状は管理・仲介を店舗内で一貫して行っています。
 それが故に、業務の裾野が広く、ソツなくこなすのは大変でしょう。

 しかし、多店舗展開する上で、ゼネラリスト輩出は不可欠なテーマです。
 仕入 → 広告 → 反響 → 誘因 → 来店 → 案内 → 商談 → 申込 → 契約 → 鍵渡し → 入居 → 入居管理(クレーム対応・滞納督促・・・) → 退去立会 → 修繕手配 → 広告 → 反響・・・

 こうした一連の流れを、しっかりと把握し、創意・工夫・改善できる人材に成って頂きたいものです。
 冒頭、管理と仲介とが利益相反に当たると書きました。
 あくまでもそれは、表面上の見え方です。
 
 管理が悪ければ決め難くなりますし、折角入って貰った入居者も出てしまいます。
 入居者が定着しなければ、オーナー様の経営も成り立ちません。
 信頼関係の構築を長期的な視点でみれば、win-win以外に道は無いのです。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR