心穏やかな一日

 亡母の一周忌を済ませました。
 今回は、次男も東京からは帰らず、親子三人だけの内々の法要です。

 昨年12月26日に一報を受け、翌27日に告別式。
 29日に菩提寺にて葬儀を済ませ、翌30日には遺品整理。
 
 慌ただしい年末から早一年が過ぎました。
 悲しさも、寂しさも、時間の経過と共に徐々に薄れ行く時薬の効能に、幾度となく救われます。
 
 40年以上前に離別した二人が今、同じ墓の中に眠っているのも皮肉なもの。
 特段大きな問題も起こらなかったことからすると、どうやら上手くやれているようです。

 父が亡くなってから27年。
 時の止まっている父の年齢に、もう少しで追いつくところまで来ました。
 今だからこそ見えてくるもの、判り得るものもあるようです。

 法事という節目に、故人を思い出すことで、自らの死生観を再確認します。
 今、生があること、そして様々な縁(えにし)に改めて感謝する、心穏(おだ)やかな一日でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR