主体的な行動

 人には、命令によって動く「受動的な行動」と、自らの意思(意志)によって動く「主体的な行動」があります。
 勿論、どちらを望むかと言えば、主体的な行動です。
 
 自らが目標を立て、自らが計画し、自らが実行し、自らがチェックし、自らが修正し、自らが完遂する。
 
 そうした主体的な行動は、やり甲斐に満ちていますし、疲れも知りません。
 仕事であろうと、趣味であろうと一緒です。

 例えば釣り。
 早朝3時集合で、船に乗り込み沖に出て、寒風吹き荒ぶ中、釣り糸を垂れる。
 釣りが性に合わない人にとってみれば、誰かの命令で強制されるのは、たまったものではありません。
 
 恐らく文句ばかり言うでしょうし、「早く終わらないかなぁ」と思うでしょうし、精神的にも、肉体的にも疲れます。
 釣れる釣れないは二の次です。 

 一方で、釣りが好きという人は、自らの意思で積極的に臨みます。
 周囲の人も、悪気なく、良かれと思って誘います。
 釣れない時にも、釣れるイメージを膨らませられます。
 楽しい時間はあっという間に過ぎ去りますし、心身ともに疲れも感じません。
 
 家庭における子育てや、会社における人材育成も同じ。
 能力も未熟で、意識も低い最初は、指示命令によって強制することも必要です。
 
 ある程度のレベルまで引き上がれば、片目を瞑って任せてみる。
 任された側も、最初は不安にかられつつ、それでも創意工夫を重ね、任務を遂行していく。
 そして、評価され、称賛され、認められ、次なる高いレベルを目指す。
 これが仕事の段階でしょう。

 義務、強制、やらされ感で仕事をしていると思う人がいたとすれば、一度立ち止まって考えてみて下さい。
 目の前の仕事を好きになることが、成長の近道です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR