入居者トラブルの仲裁

 賃貸、分譲の別を問わず、共同住宅にとって音のトラブルはつきものです。
 木造や軽量鉄骨なら、隣や上階からの騒音は当たり前。
 RC(鉄筋コンクリート)であっても、音をゼロにすることはできません。

 この業界に入って間も無い頃、管理しているRCマンションの上下階騒音クレームが勃発しました。
 上階は、お母さんと小学生の娘さん。
 下階は、若い御夫婦。

 下階の若奥様から呼び出され、部屋の中で1時間、上階の音に耳を澄ます。
 上階の方をお訪ねして、注意を呼び掛けるものの、「充分注意している」との返答。
 かなりの手間と時間をかけましたが、一向に事態は好転しない・・・いや寧ろ足を突っ込めば突っ込むほど悪化します。

 挙句の果てには、管理会社や担当者が悪者にされる可能性もあるでしょう。
 言葉尻を捉えられ、名誉毀損で訴えられる恐れすらあります。
 
 人間の耳は、雑踏の中でも話し相手の声を拾える程高性能です。
 反面、「秒針の音で眠れない」という様に、気に成る音に対して極めて敏感に反応します。
 先述した下階の奥様は、精神的なストレスによって頭髪が全て抜け落ち、最終的に転居されました。
 
 お客様の立場と立つことは重要ですが、中立・公正のニュートラルが前提である以上、仲裁には限界があります。
 管理会社としてできることは、「騒音注意」の警告文書の掲示、投函まで。
 ドライに聞こえるかもしれませんが、入居者間トラブルの仲裁は、管理会社の仕事でも責任でも無いのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR