マイノリティーの大義

 facebookのプロフィール写真が次々とトリコロールカラーに染まり、その風潮に意見する書き込みも多く見られる。
 これはフランスだけの問題ではないし、善か悪かで単純な切り分けはできない。

 先日、内子座で見た鴻上尚史さん率いる「虚構の劇団」の公演は、「戦争と平和の大義」についての問題提起・・・と自分は受け止めた。

 正規軍と非正規軍の戦い。
 正規軍サイドから見ると、戦う相手は血も涙も無い非正規軍。

 ところが、非正規軍サイドからの見方は180℃違う。
 正規軍こそが非道なのであって、本来は我々の方が正しい・・・そう信じている。

 正規と非正規を分けるのは、支持者の多寡に過ぎない。
 正規軍はマジョリティーを錦の御旗とし、マイノリティーは非正規軍の烙印を押される。
 まさに、勝てば官軍だ。

 双方いずれも、戦いの大義を掲げている。
 双方いずれも、戦いそのものを望んではいない。
 双方いずれも、永久の平和を願っている。

 決して、テロを容認するつもりはない。
 しかし、大国同士が手を結び、圧倒的な力を持ったマジョリティーが、有無も言わさずマイノリティーを空爆する・・・。
 これは果たして、テロよりもずっと高貴で正しい行為か? 

 力で抑え込んでもテロは無くならない。
 マイノリティーは追い詰められ、更なるテロに打って出る。
 終わりのない泥仕合。 

 どちらが正義か?
 いや、そもそも正義とは何か?
 
 多数派は必ず正しいのか?
 少数派は必ず間違っているのか?
 
 我々にできることは何か?
 しなければならないことは何か?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR