慈悲深いお声掛け

 昔からお世話になっているオーナー様を、久々に訪問させて頂きました。
 前職の時代からですから、もう十年以上のお付き合いに成ります。
 「信頼している」という過分なお言葉を頂いているにも関わらず、これまでお役立ちできていないのは心苦しい限りです。

 土地や中古住宅を買われる際には、「買った方が良いか?」「幾らで買うべきか?」との相談を頂きます。
 所有権移転後は、入居者斡旋を依頼されます。

 「入居者を入れてくれれば管理を任せるから。」
 まさに何から何までお膳立てして貰いながら、不甲斐無くも決め切らなかったため、あわせる顔がありません。
 本来は、こういう時こそお会いするのが営業の鉄則ですが、ついつい足が遠のいてしまっていました。

 最後のアプローチから2~3年経過した先日、先方から一通のメールが届きます。
 「所有している中古住宅を売って下さい。一棟売りマンションも売却検討中なので査定頂ければ幸いです。」
 有難い、本当に有難いメールです。

 そして、はたと思い付きます。
 11月からの愛媛新聞に、「売却物件求む」広告を毎週掲載していることを。
 お会いした際、さりげなく聞きました。

 「そう、あれを見たから、頑張っているなと思い連絡させて貰ったんですよ。」
 本来なら、お声掛け頂ける立場にありません。
 
 慈悲深い温情に対し感謝すると共に、今度こそ信頼回復させて頂こうと心に誓っています。
 首の皮一枚でつながった、文字通りラストチャンスです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR