臆することなかれ:前編

 医者が外科と内科に分かれる様に、一級建築士が意匠と構造に分かれる様に、宅建業も賃貸と売買に分かれます。
 例え免許は共通でも、全く別物の知識やスキルが必要です。

 世間的には、賃貸営業に比較して、売買営業は難易度が高いと見られます。
 自分自身も、かつてはそう思っていました。
 しかし、突き詰めれば、賃貸の世界も奥が深いものです。

 さて、賃貸営業に対し、売買のススメを説きますが、なかなか進みません。
 数年前、某店舗の店長と、飛び込みのお客様との間で、こういうやり取りがありました。

御客様 : 住宅地を探しているのですが、扱ってらっしゃいますか?
某店長 : いや売買はやってないんですよ。

 あっさり帰してしまう淡泊な対応に、呆気に取られ、カットインすることもできないほどの鮮やかさ。
 「八百屋に魚を買いに来る客なんて・・・」と思ってでもいるのか、悪びれた風もありません。
 お客様が帰られた後、厳しく叱責しました。
 
 『 「エイブル」の看板を掲げ、賃貸仲介・管理を柱としてはいるが、我々は不動産業者である。
  わざわざ出向いて来て頂き、御用命頂いた御客様を、手ブラで帰すとは何事か。
  自社に物件が無かったとしても、他社に問い合わせしてでもお役立ちして当然。 』

 店で待ち受けするのではなく、一度飛び込み営業してみれば良いのです。
 無作為にマンションやアパートを訪ね、一軒一軒チャイムを鳴らしドアコールする。
 「土地をお探しではないですか?」

 何百軒、何千軒訪ねても、殆どドアを開けてはくれません。
 大概は居留守か、けんもほろろに断られるか、罵声を浴びせられるか・・・。
 すると、先方から訪ねて来て下さって、御用命頂く御客様の有難味が骨身に染みて判るでしょう。   つづく
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR