道徳と哲学の違い

 NHKラジオ4時台の番組は、「ラジオ深夜便」。
 ためになる内容が多く、通勤時間が学び舎となります。
 先日も、実に興味深い対比をされていました。

 「日本において、道徳の教育はするけれど、哲学の教育はされていない。」

 道徳 = 人々が、善悪をわきまえて正しい行為をなすために、守り従わねばならない規範の総体
 哲学 = 物事の根源のあり方・原理を、理性によって求めようとする学問または、経験から作り上げた人生観

 はい、やっぱり判り難い。
 言葉の意味を説くのは大変です。
 自分なりに噛み砕くと次の通り。

 道徳 = いかに生きるべきか?
 哲学 = いかに生きたいか?

 えっ? 何が違うのかって?
 まるっきり違います。

 道徳は、「お年寄りには席を譲りましょう」「ゴミを拾いましょう」という呼び掛け。
 一方、哲学は、「お年寄りに席を譲る人になる」「ゴミを拾う人になる」という、願望を超えた信念。
 
 哲学に善悪は無縁です。
 例えば、マフィアの大ボス「アルカポネ」にも、悪なりの哲学がありました。
 彼にはきっと、道徳の教育と観念が欠けていたのでしょう。
 
 経営学の巨人P・F・ドラッガーの逸話を紹介します。

 『 私が十三歳の時、宗教の先生が
 「何によって憶えられたいかね」と聞いた。
 誰も答えられなかった。
 すると「今答えられると思って聞いた訳ではない。でも五〇になっても答えられなければ、人生を無駄に過ごしたことになるよ」と言った。 』

 まさにこのやり取りこそが、哲学の教育です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR