お洒落な失敗作

 築浅デザイナーズマンションの物確に行ってきました。
 これが松山でも珍しい三層メゾネット。
 つまり1~3階までが一世帯という、ファミリー賃貸に成ります。

 外壁も内壁も、基本コンクリート打ちっ放し。
 壁をつくる木材もボードもクロスも不要なので安上がり・・・というのは間違い。

 型枠パネルを外した際、コンクリートの地肌を鏡面の様に美しく仕上げるには、相当な手間と技術が必要です。
 建築家「安藤忠雄」さんの作品例を持ち出すまでもなく、奇麗な打ちっ放し仕上げには、何とも言えない品格があります。

 さて、確かに御洒落で目を引く、面白い物件ではありました。
 家賃も8万円超と、松山にしては高額物件の部類。
 但し、何とも入居率が悪く、半分以下の低水準です。

・ 駐車場が不足している
・ 日当たりが悪い
・ 1~3Fを内階段で上がる動線がNG
 
 つまり、デザインを重視する余り、生活する上で最も大切な部分を犠牲にしています。
 設計士主導か施主主導か判りませんが、入居者に支持されていない以上、失敗作と言われても仕方ないでしょう。

 我々は、経済合理性を前提として、より良い生活空間を提供することが第一義です。
 著名な先生の作品の中には、意匠は優れているものの、雨漏りが酷いとか、メンテがし難いといった物件も少なくありません。
 自らのこだわりで、「芸術作品」にしてしまうのは論外。

 どれだけ経験を積もうとも、実際に住む側の目線だけは、見失わないように心掛けたいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR