何かあるのが人生

 お客様のお陰様、社員の頑張りによって、今期の業績は至って堅調に推移しています。
 ここ2~3年、期末の逆転サヨナラホームランが風物詩でした。
 期首からのロケットスタートは、創業来初めてです。

 一方で、社長の至らなさを象徴し、社内的には少し混乱がありました。
 それも、徐々に終息しつつあります。

 良く耳にする、経営する上での「三つの坂」。
 1. のぼり坂
 2. くだり坂
 3. まさか

 三番目の「まさか」は、時と場合を弁えることなく、突然に、何度でも、尚且つ波状的に訪れます。
 正直、心中では、「もう勘弁して」と思うこともあります。
 しかし、そんな時こそ、リーダーとしての資質が試されます。

 まさかの事態に接した時、TOPが「大変だ!」「どうしよう?」と慌てふためいていたらどうでしょう。
 その姿を見た社員(部下)には不安が拡がり、心がざわつくに違いありません。
 だからこそ、心の乱れを悟られることなく、冷静沈着に問題を整理し、優先順位に従い、打つべき手を打っていきます。
 もちろん、笑顔を忘れることなく・・・。

 いつも申し上げる通り、何かあるのが人生です。
 そして、何かがあるからこそ面白い。

 投げれば、百発百中でストライクのボーリング。
 打てば、必ずホールインワンできるゴルフ。
 そんなゲーム、誰が望むでしょう。

 時にはガターする、スピリットを残す。
 時にはラフに捕まる、バンカーにはまる、OBになる。
 嘆きと失望と悔しさを胸に秘め、挽回するために努力する・・・そのプロセスこそが面白いのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR