人生を楽しむ働き方

 NYホームを卒業した元社員が、出勤途中の時間に訪ねてくれました。
 転職当初は生産ラインに入っていましたが、最近営業に転属したようです。

 「生産ラインで仕事をしている時、精神的にはすごく楽だった。
 ただ、面白いかというと疑問だし、やり甲斐を感じ難い。
 そして、時間が経つのがすごく長かった。」

 決して、生産ラインで働く方を卑下するつもりはありません。
 彼の言葉は、一般的な話でしょう。
 現に我が社にも、同様の理由で生産ラインから転職してきた若手社員が二名いらっしゃいます。

 実は、製造業であっても、やり甲斐を見い出せる道筋はあります。
 何度も引用してきた、三人の石工の話です。

 石積みの建物を作るために、石工達が働いている。
 「何故、石を積んでいるのか?」
 それぞれ聞いてみた。

 A : もちろん、飯を食べるためさ
 B : ここに、建物を作るためだよ
 C : 教会を建て、礼拝する人々の心に癒しを与えるためだ

 Aさんは、対価を貰うために労働を提供する、と捉えているため仕事は苦役そのものです。
 Bさんは、取りあえず仕事の仕上がりだけは理解しています。
 Cさんは、自らの仕事の意義や、使命感にすら気付いています。

 Aさんに比較してCさんは・・・
 同じ荷物を運んでも、軽く感じる筈。
 一日の時間が短く感じる筈。
 人生が楽しい筈。

 仕事が辛いと感じた時、まず思いだして貰いたい話しです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR