自宅の思いで管理を

 お任せいただいている管理物件のパトロールを実施しました。
 
 入居管理責任者である店長や、建物管理責任者のグループ会社社長と、各物件の敷地の端から端まで、階段を上がったり下りたり、朝の8:40~18:30丸一日巡回しましたが、半分も終わりません。
 残りは、後日仕切り直しです。
 現場の頑張りによって、それだけ管理物件が増えたことを、改めて実感しました。

 さて、チェック項目は多岐に渡りますが、ここではポイントを絞ってお伝えします。
 総論として言えるのは、敷地内に「ゴミが散乱し、雑草が目につく」ということです。

 勿論、管理とは言ってもそこに毎日常駐している訳ではないし、昨日掃除したとしても今日ゴミを落とされる可能性もあるでしょう。
 但し、ゴミも雑草も、昨日今日のものでないことは、一見すれば判ります。

 人間の五感のアンテナは、 怪しい臭い、不審な音・・・そうした気に成るものを捉える様にできています。
 先のゴミや雑草を放置するということは、それが気に成っていない証拠です。

 各店舗を巡回する際も、建物の両サイドや、道路と敷地の境界に草が生えているケースを散見します。
 その都度、これみよがしに自分が引いて見せるのですが、次はまた生えていたりします。
 
 自分の家の庭に雑草が生えたら気に成って引くでしょうし、ゴミが落ちて入れば拾うでしょう。
 鏡を見た時、自分の顔にゴミがついていたら、当然取り除きます。
 見逃すのは、物件に対する思い入れや、愛情が欠けている証拠です。

 繊細なオーナー様が見たら、「仕事をしてくれてない」と思います。
 案内のお客様は、「管理が行き届いていない」と見るでしょう。
 
 今後、建物点検の際、空室管理の際、物確の際、案内の際・・・自宅だと思って目配りをしてみて下さい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

久しぶりにコメントを書かせて頂きます。私も現場の配属から管理部門に今は配属されてこの記事をウンウンと頷きながら読ませてもらいました!
毎日のように管理物件を回ってますが、これをどこから改善しようかと悩んだりもしました。放置自転車、放置物、ごみ、雑草、建物の補修などなど頭が痛かったです。
今、除草の提案をして、建物の補修の提案をして、放置物は回収し、共用灯は1件ずつですが交換し、溜まったゴミを拾い、やるのが当たり前のことを少しずつ上司や他部門と相談しながら進めて少しですが改善してきました。そうするとやはり管理物件に愛情が湧いてきて管理部門のやりがいがわかってきました。
願わくば管理物件がこれから増えてほしいですが、まずは目の前の入居者さんや家主さんに喜ばれる仕事を目指したいですね!

Re: タイトルなし

> 久しぶりにコメントを書かせて頂きます。私も現場の配属から管理部門に今は配属されてこの記事をウンウンと頷きながら読ませてもらいました!
> 毎日のように管理物件を回ってますが、これをどこから改善しようかと悩んだりもしました。放置自転車、放置物、ごみ、雑草、建物の補修などなど頭が痛かったです。
> 今、除草の提案をして、建物の補修の提案をして、放置物は回収し、共用灯は1件ずつですが交換し、溜まったゴミを拾い、やるのが当たり前のことを少しずつ上司や他部門と相談しながら進めて少しですが改善してきました。そうするとやはり管理物件に愛情が湧いてきて管理部門のやりがいがわかってきました。
> 願わくば管理物件がこれから増えてほしいですが、まずは目の前の入居者さんや家主さんに喜ばれる仕事を目指したいですね!

 コメントありがとうございます。
 管理の仕事は、クレーム対応が主で、やっても当たり前と思われていて、感謝・お役立ちの実感が湧き難い仕事ですが、マンション経営の要として頑張って下さい。
プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR