南向きは何故良いか

 先日のロープレで、松山南店のO西さんが、こう言いました。
 「南向きなのでおすすめです。」
 
 何故、南向きは良いのでしょうか?
 「日当たりが良いから。」
 何故、日当たりが良いのでしょうか?

① 北向 = 夏涼しくて、冬寒い (一日中、年がら年中陽が入り難い)
② 東向 = 夏涼しくて、冬寒い (午前のみ陽が射す)
③ 西向 = 夏暑くて、冬暖かい (午後の日差しが強い)
④ 南向 = 夏涼しくて、冬暖かい
  
 大前提は、「夏は太陽が高く、冬は太陽が低い」という気象条件です。
 南向きのマンションであれば、太陽の高い夏は陽射しが上階ベランダの庇(ひさし)で遮られる。
 太陽の低い冬は、部屋の奥まで陽光が入り込みます。
 だから、夏涼しくて冬暖かい、快適な住空間となるのです。

 日本における南向き信仰は、伝統的な軸組み工法によって開口を広くできた点や、高温多湿な気候、清潔好きな国民性も影響しています。
 一方、地震の少ない欧州では、石作りの壁式構造が一般的であるため、広い開口が取り辛い。
 加えて、低温少湿の気候と、景色を重んじる美意識によって、北向きが好まれたりするようです。

 九州大分県の別府市においては、別府湾を一望することがステイタスであるため、東向きが良いとされます。
 また、弊社本社所在地の大洲市では、冬季の朝かなりの確率で霧が発生します。
 東向きにしてしまうと、冬は一日中陽が当たりません。
 従って人によっては寧ろ、西向きを好まれたりします。

 「南向きが良い」
 その当たり前のパラダイムに対し、「何故」を繰り返し、真の知識を身に付けて頂きたいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR