FC2ブログ

名は体を表す

 昨夜は、松山宅建協会の懇親会。
 伊予鉄高島屋ビアガーデンに、社員(店長&専任宅建士)5名と共に参加しました。
 日中の暑さとは裏腹に夜風は涼しく、夏の終わりを感じます。

 会場内に恐らく100名以上はいらっしゃっいますが、過半数は顔と名前が一致しません。
 それ位、狭い世界で仕事をしているということでしょう。
 また、殆ど実業をしていない免許業者の方も少なからずいらっしゃいます。

 我々の業界団体は、県内に1,000業者加盟しています。
 この中で、純粋に不動産一本で生計を立てている方は、恐らく半分以下。
 取引数や事業規模よりも、5年毎の更新回数を示す免許番号が重要。
 つまり老舗が幅を効かす、ある意味特殊な業界です。
 
 某社長とお話しする中で出てきた「不動産業者あるある」を御紹介しましょう。
① 売買仲介手数料の簡易計算「3%+6万円」の+6万円を、諸経費と勘違いしている
② 商品として取り扱っているにも関わらず、媒介契約を殆ど交わしていない
③ 「買いませんか?」というので媒介物件かと思ったら、興味があるならそこから交渉の意
④ 某業者作成の重要事項には、「建設省は国土交通省と読み換える」の横判が押印されている・・・

 今年、宅地建物取引主任者から宅建士に称号変更されました。
 弁護士や建築士に肩を並べ、晴れて士業の仲間入りです。
 
 名は体を表す。
 コンプライアンス遵守は勿論、確かな知識と崇高な倫理感を有した、誠実な業者だけが生き残っていくものと確信しています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR