チャイナショックその後

 社員の方々に、日経新聞の隅から隅まで読めとは言いません。
 それでも、投資的な意味合いを持つ賃貸マンション・アパートの経営の一部を委ねられている以上、世界市場の動きがどう影響してくるかは、大雑把にでも把握して頂きたいものです。
 そうでないと、オーナー様とまともに話せません。

 近年、海外に販路を広げることや、工場を持つことが、リスクヘッジと言われます。
 為替変動や景気後退に伴うリスクを、分散することができるからです。

 それも今や、世界市場は密接に絡み合っていて、一国の問題では済みません。
 ギリシャショックがEUを揺るがし、今般のチャイナショックが瞬く間に米国に日本に飛び火し、世界恐慌の引鉄を引くとも言われています。

 アベノミクスは株高・円安を誘発し、限定的とは言え、確実に経済成長をもたらしました。
 その余波で膨らんだ収益物件争奪熱は、地方都市の松山やそのまた地方にまで拡がりを見せています。

 しかし、熱狂はいつか必ず褪めます。
 それが今かもしれません。
 将来不安を煽るだけでもいけないので、少し冷静な話をします。

 不動産=限られた資源として、将来の値上がり益を見込んだ投機的な投資が主であったのがバブル経済。
 これに比較すれば、収益還元法に基づく利回り優先の今の投資は健全です。
 少なくとも、紙切れに成ってしまう危うさはないという意味において、他の投資と比べて安定していることだけは間違いありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR