諺ほど寛容でない経営

 かつての部下二名に、来社頂きました。
 民事再生そして、6年後の二次破綻と、続け様の修羅場を潜り抜けてきた方々です。

 思い返せば、民事再生前の2~3年は、難行苦行の連続でした。
 ・ 事業縮小
 ・ 拠点撤退
 ・ 希望退職
 ・ 分譲マンション在庫のバルク売り
 ・ 波状的に寄せられる苦情・・・
 
 明日をも判らない状況下、来る日も来る日も後ろ向きの情報ばかりで、流石に心が病みます。
 移動中に双海の海岸に降り立ち、意味もなく貝殻を拾ったりして・・・。

 あれから6年が過ぎ、会社そのものが無くなってしまった今にしてみれば、それも徐の口だったようです。

 「二度あることは三度ある」
 「三度目の正直」
 「仏の顔も三度まで」・・・

 企業経営は、諺(ことわざ)ほど寛容ではありません。
 
 会社の信用不安や風評被害に晒され、資金繰りに追われる日々がいかに大変か。
 いかなる会社であっても、つぶれる可能性を孕んでいること。
 そして今、前向きに仕事できることが、いかに幸せか。

 我が社で働く社員や、社会人となった我が子に対しリアルに伝えるのも、自分に課せられた大きな使命です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR