FC2ブログ

システマチックな面談

 月初1日は、恒例の店長面談からスタート。
 会社としての年度替りということもあり、盛り沢山の内容です。

1. 先月の反省
2. 今月の目標
3. 前期決算の総括
4. 今期目標の確認

 5店舗の店長、各々1時間ずつでも5時間。
 今週は、全社員との評価面談を控えています。
 各々30分として、約10時間。

 本当は、30分では短くて、想いは語り尽くせないでしょう。
 申し訳ないけれど、できることは限られています。

 こうして、店長とは月一回、社員とは四ヶ月に一回、面談する仕組みがあります。
 強制的なスケジューリングによって生み出される面談は、儀礼的かもしれません。
 それでも、無いよりはマシです。
 
 一本釣りで声掛けして・・・となりますと、時間や回数に偏りが出るもの。
 「私は、まったくお呼びがかからない。」といった不公平、不平等が問題になりがちです。

 私の地元には、同級生や知人が月一回集って飲食する、「頼母子」というシステムがあります。
 商売人で多い方は、毎月20本も抱えているそうです。
 自分は少ない方ですが、それでも2本。
 
 同級生や知人と町で擦れ違う際、「よっ、久し振り。今度飲みに行こうや。」と声掛けしますが、実際には行ったためしがありません。
 いつでも飲みに行ける、距離の近い気の置けない相手だったとしてもそんなもの。 
 「頼母子」の由来や狙いはともかくとして、一ヶ月に一度強制的に懇親が図れるという意味において、とても有意義です。

 コミュニケーションの本質は、もっと深くて難しいのでしょうし、ルール化してしまう味気なさも否めませんが、それでも、やらないより、やった方が良い。
 全社朝礼も、全社会議も、朝礼も同じです。
 これからも、尚一層コミュニケーションを推進して参ります。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR