大人の対応

 賃貸管理業にとって、今は閑散期と言われるオフシーズンです。
 目が回るほど忙しい時には、コミュニケーションが問題となることもありません。
 きっと、問題を追求する暇すら無いからでしょう。

 考える時間も余裕もできてくると、自然派生的に不平不満が首をもたげてきます。
 問題は、できるなら小火(ぼや)の内に消し止めるべきです。

 「ちょっとおかしいみたいですよ。」
 「今のままではまずいんじゃないでしょうか。」
 こうした情報が、風通し良く入ってくれば、火の手が拡がらない内に手を打てます。

 店舗の小火の連絡を受け、速やかに消化するのも社長の仕事でしょう。
 但し、そこで一旦火を消し止めたとしても、内部の燻った状態は続きます。

 本質的・根本的な解決は、当事者同士で見出す以外にありません。
 誤解があるならば、丁寧に説明する。
 反省すべき点があるならば、謝罪し、改める。

 納得いくまで、率直かつ徹底的に話し合うことです。
 社長の仲裁は、そのきっかけに過ぎません。
 
 勿論、いつも言う通り、セクハラや横領といったコンプライアンスに関わることは、速やかに飛び越して情報を頂く必要があります。
 また、ちょっとした言葉足らず等の、未熟な人間性からくる誤解であれば大きな目で見て、ある程度許容して頂きたいとも思います。
 ビジネスは、友達同士の仲良しごっこではないのですから・・・。
 
 上司・部下・同僚、それぞれの立場において、大人の対応が求められるのが社会人としての在り方です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR