天王山決戦

 我が社には、ソフトボール男子のTOPリーグで活躍する選手が2人居ます。
 松山南店店長の石村さんと、松山久米店の伊藤さんです。
 これまで、応援ツアーの話は何度もありましたが、6月7日高知春野球場で行われた公式戦を、初めて観戦しました。

 前日は、高知を15:3、福岡を10:0と、何れも6回コールドで打ち破っています。
 この日の相手は、文字通り首位攻防の天王山です。

 第一試合「平林金属」戦は、継投するピッチャーが尽く打ち込まれます。
 増田さんのホームランで一矢報いるも、1:8で完敗。

 第二試合「大阪桃次郎」戦、先発はソフトボールの本場ニュージーランド元代表「ドニー・ヘイル」です。
 自軍先発はサウスポーエースの客野選手。
 一回三者凡退と素晴らしい立ち上がりでした。

 
 0:1で迎えた三回裏。
 前田のタイムリー2ベースで同点。
 続く闘将石村が、豪腕ドニーヘイルからセンター越え逆転3ラン!
 
 4:1で迎えた4回表。
 二死1、2塁の場面で桃次郎打者の右中間あわやホームランの大飛球はフェンスの天端にバウンドという奇跡!
 ここを一点で食い止めたのは大きい。
 数センチ伸びていれば同点で、勝敗の行方は判りませんでした。

 この三チームの実力は拮抗しているにも関わらず、ちょっとしたリズムの崩れから大差がついたり、運命の悪戯で命運が分かれたりします。
 試合本番で実力が如何なく発揮されるよう、日頃からトレーニングに励み、身体を創り、精神を鍛える・・・。

 チームの方々の、高いレベルのプレーを間近で見て、感動を覚えました。
 仕事をしっかりとこなしつつ、終業後の深夜まで練習に勤しみ、週末には遠征で結果を出す。
 更に昨年、難関である宅建にも合格した石村選手と伊藤選手に対する畏敬の念を新たにした次第です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR