大事業の道半ば

 作家「太宰治」が、自らの魂の言葉を名著「斜陽」の中に投影しています。

 「生きている事。
  嗚呼、それは何というやりきれない、息も絶え絶えの大事業であろうか。」

 その通り。
 世の中は、思い通りにいかないことばかりです。
 もし仮に、意のままに動かすことができると豪語する人がいたとしたら、それは単なる自惚れに過ぎません。

 失敗することも、裏切られることもあります。
 逃げ出したくなることも、悲しみにくれることもあります。

 しかし、だからこそ面白い。
 人間は、地球上で唯一、自らの意志を持って難関に挑戦する動物です。
 何ゆえに難関に立ち向かうのか。
 
 乗り越えた時に得られる達成感や充実感。
 自らの成長を確認して得られる自信。
 それらはまさに「生きる」醍醐味と言えるでしょう。

 日夜、数値目標達成に向けて勤しむ。
 夜な夜な宅建勉強に励む。
 暑中、雨中を問わず物調活動に明け暮れる。
 
 何ともやりきれない、息も絶え絶えの今こそ、大事業の道半ばです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR