怒りのエネルギー

 我が社は、部門別に独立採算制を敷いています。
 各営業店は勿論のこと、総務・経理・家賃送金等を担う本部も、売上と経費を明確にした上で、シロクロならぬ赤黒をハッキリさせます。

 今期も、会社全体としては目標達成できそうです。
 勿論、部門毎のバラツキはあります。

 数字がつくれない部門は、当然責められます。
 一所懸命やっているか否かは関係ありません。

 叱責や叱咤激励は、時に的外れだったり、時に理不尽だったりします。
 それでも、数字が伴わなければ、御叱りを真摯に受け入れざるを得ません。
 
 悔しければ、数字で証明すること。
 それがビジネスマンの務めです。

 本来は、一所懸命やれば数字はついてくる筈。
 但し、一所懸命が数字に反映されるには、それなりの積み重ねが必要です。
 裏を返せば、一所懸命を継続すれば、いつか必ず数字はついてきます。

 社長としてこれまで、自主性・主体性を重んじるがあまり、任せ過ぎ、甘過ぎだったかもしれません。
 それが故に、現場の反発や怒りのエネルギーが抑制されてしまった気がします。
 今最も必要なのは、怒りのエネルギーをマグマの如く燃え上がらせ、行動に変換することです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR