人を動かす要諦

 昨今、業界団体の役職を担ってみて、改めて「人を動かす」のは難しいものだと実感します。

① 役職
 まずもって、役職だけで人は動きません。
 勿論、上位者からの指示命令には、組織人として従わなければならない場面もあります。
 しかし、現場の同意を引き出すには、納得性が欠かせません。
 役職者は、そのための丁寧な説明責任が求められます。

② 正論
 正しいことが全て通るとは限りません。
 寧ろ、対立する相手にとってみれば、正しいからこそ従いたくない、という反発を生むこともあります。

③ 多数決
 多数決は、民主主義の根幹です。 
 但し、多数決によって、反対派の存在が鮮明となりますし、多数派の横暴も助長します。
 時間をかけてでも目指すべきは、全会一致であることを肝に銘じなければなりません。

④ 根回し
 議論が紛糾すると、お互いに冷静さが損なわれます。
 一旦、水入りとした上で、キーマンと目される人物とは、改めてじっくりと腰を据えて話し合うべきでしょう。
 紛糾が予想される場合には、事前の根回しが欠かせません。
 
⑤ 譲歩
 肉を斬らして骨を断つ・・・大事を通すためには、時に小事を呑み込む度量が必要です。
 それにより、相手方の上げた拳を下ろし易くしなければ成りません。

 これらのことを総合的に進めるには、それなりの眼力、判断力、実行力、そして徳が必要と成ります。
 
・ 個人的な意地の張り合い
・ 大声を上げた方が勝ち
・ 正しいことを正しく主張するだけ
・ 役職を振りかざし力で抑え込もうとする
・ 相手の言い分は聞かず批判するのみ・・・

 これでは、子供の喧嘩です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR