知らない内子

 自分の生誕地は群馬県ですが、物心ついた頃には内子町の住人でした。
 一時的に松山や今治に居を構えましたが、人生の殆どを内子で過ごしています。

 しかし、改めて知らない内子があることを知りました。
 先日やってきた、高知の友人と町内を探索した際、初めて足を踏み入れたスポットのご紹介です。

① ヴィラ高橋邸
 高橋龍太郎翁の長男故高橋吉隆氏(元アサヒビール株式会社会長)が、郷土である内子町への思いを寄せられていたことから、その御遺族によって寄贈された邸宅です。
 実は幼少の頃、自分は高橋邸の向いに住んでいました。
 白黒TVで、アニメ「ワンダー3」がオンエアされていた頃です。
 当時、高橋家の御身内である高校生のお兄さんと共に、写ったセピア色の写真が残されています。
 今は、一日一組限定の宿として営業する傍ら、無料で入場できて、往時の生活を偲ぶことができます。

② 旭館
 元々は内子座に対抗する芝居小屋として建てられたものですが、高橋邸の前に住んでいた頃には映画館でした。
 亡母が切符もぎりをしていた縁(ゆかり)の場所です。
 映画は自由に見られましたが、真っ暗な場内が怖くて入れなかったことを記憶しています。
 昭和42年を最後に営業を終え、取り壊し寸前の廃墟と化していましたが、現在所有する森文さんが保存に乗り出し、年数回、懐かしの名画を上映されています。
 今回はゴールデンウィークということで特別に、森文の森社長に内部をご案内頂きました。
 
 何れも、中に入ったのは初めてです。
 内子座、上芳我邸、本芳我邸、八日市の町並みといった代表的な建物以外にも、少し横道を辿れば昭和レトロな遺産が点在しています。
 是非、内子町にお越し下さい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR