大洲宅建協会総会挨拶

 4/24は、来賓に大洲市の清水裕市長、愛媛県議会の西田洋一議員を御招きし、大洲宅建協会年次総会が開催されました。
 以下、会長挨拶です。

 『一年前、右も左も判らないままに大役を拝命しましたが。皆様のご助力によって何とか今日の日を迎えることができました。

 業界を取り巻く環境は激変しています。
 この4月より、宅地建物取引主任者から宅地建物取引士へと名称変更され、遂に士業の仲間入りです。
 その名称に相応しい知識を身につけるべく、不動産キャリアパーソンという資格が新設されました。
 難易度はともかくとして、テキストやweb学習のツールが充実しており、その網羅的な内容は、ベテランの方も初心に立ち返ることができます。

 さて、我が宅建協会が業界最大の団体であることは間違いありません。
 しかし近年、他団体の猛追を受け、新規入会に限って見ると拮抗してきました。
 その流れに危機感を抱き、入会金を見直す動きがあります。

 また、内容も充実すべく、昨年「坊ちゃん」という業者間サイトが立ち上がりました。
 これにより新規業者は、多大な手間暇をかけることなく、充実した物件情報を取得できます。
 沢山の情報を預かる業者は、より多くのマッチング機会を得ることができます。
 買主は選択肢の幅が広がりますし、売主は速やかに最良の条件で売り抜けることができます。
 ひいては不動産取引が活性化し、業界が潤い、地域景況が押し上げられる、まさにwin-winの素晴らしい取り組みです。

 但し、この「坊ちゃん」はただのシステムに過ぎません。
 皆様方の多くの賛同を頂き、沢山の物件情報が掲載されることで、文字通り宝箱に成ります。
 是非、御参加をご検討下さい。

 弊社は、支店がありますので、松山の総会にも出席致します。
 業者数が多いこともあり、かつては紛糾することもありました。
 しかし近年、足を引っ張り合うやり取りは影を潜め、先述した「宅建取引士」「不動産キャリアパーソン」「坊ちゃん」等々、前向きな議論が主と成りつつあります。

 それも当然でしょう。
 何故なら、ここに集うのは敵ではなく、同じ宅建協会の同志なのですから。

 本日御参集の皆様方が、一つ志の元、業界の発展と地位向上を目指す有意義な会と成りますことを祈念して、挨拶に代えさせて頂きます。』
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR