脱どんぶり勘定

 エイブルには、独自の用語が幾つかあります。
 代表的なものが「物調」です。
 エイブル以外の方に、「物調」の意味を聞くと、確実に「物件調査」と言われます。
 
■ 物調(物件調達)
 お客様に紹介する物件の情報を確保・獲得することです。
 メーカー物件、他社管理物件、オープン物件等、様々ありますが、オーナーや元付け業者の了解を得て、自店で紹介できる状態にすることを指します。
  
 ステップ1 情報リサーチ(市場にどんな商品があるのかを調査する)
 ステップ2 オーナーリサーチ(物件のオーナーが誰かを調査する)
 ステップ3 オーナー交渉(改装、条件緩和等の提案によって魅力的な商品にする)
 ステップ4 媒介契約を交わす(看板設置→ネット発信)

 こうした定義は、マニュアルにも記載されていますし、入社時の研修でも教わっている筈です。
 ところが最近、その解釈に齟齬があると気付かされました。

 ステップ1だけしかできてないのに、「物調やってます」という店舗。
 メーカー物件や他社管理物件については、物調に含まれないと誤解している店舗。

 当然に、他社管理物件やメーカー物件を斡旋する優先順位は高くありません。
 但し、空室の多い物件であれば、ターゲットと成り得ることもあります。

 自店から半径2㎞以内には、どれだけの物件があるのか?
 その内、自店で扱える物件はどれくらいあるのか?
 他社管理、自社管理、OPEN物件の比率は?

 営業は科学です。
 どんぶり勘定ではいけません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR