負けを認めて強くなる

 三月の受注実績は、月間史上最高を記録しました。
 まあ、店舗が増えたので、当然と言えば当然ですが・・・。

 トレンドからみた月初見込みは、かなり厳しいと予測していたものの、社員の皆様の頑張りで、よく追い上げて貰ったと思います。 
 特に昨年は、消費税率up前の駆け込み需要があったことを勘案すれば、大善戦です。
 各店の目標達成率はというと・・・。

A店 = 137.3%
B店 =  95.8%
C店 =  93.9%
D店 =  93.5%
E店 =  65.0%

 着目すべきは、BCDの三店の数字。
 あと一歩、実に惜しい。

 問題は、各店舗が、各店長が、各社員が、この数字を見て「残念」「悔しい」と思うか否かでしょう。
 先述した通り、月初の見込みからすれば「良く追い込んだ」となる訳ですが、それでも未達は未達。
 その差僅かであったとしても、達成と未達は天と地ほどの開きがあります。

 ボクシングやレスリングといった競技であれば、ギリギリ僅差の判定であっても、負けは負けです。
 周囲から「強豪相手に良く善戦した」「厳しい環境下で良く頑張った」と拍手を贈られたとしても、当事者がそれで満足してはいけません。
 負けた時に、負けを認め、その悔しさをバネにできる者だけが強くなります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR