自分が仕事に合わせる

 寿司の神様と異名を取る、小野二郎さんをTVで見ました。
 オバマ大統領が来日した際、安倍首相がおもてなしした寿司店「すきやばし二郎」の店主です。

 「自分に合う仕事」「自分らしさを表現できる仕事」を求める傾向が強いが、仕事というものは本来、自分の方が仕事に合わせるものだ。  小野二郎

 就職してもすぐ辞めてしまう。
 堪え性が無く転職ばかりを繰り返す。
 そんな若者に、心して聞いて貰いたい至言です。

 脇目を振らずに、目の前の仕事を一所懸命やる。
 そうするとその仕事を好きになる。
 やがて一生の仕事と思える様になる。
 天職とはそういうものでしょう。

 努力も辛抱も工夫もせず、成果を出す前に挫折して放り出しながら、いつか白馬に乗った王子様の如き天職と巡り合えるのではないかと、本気で考えている輩のいかに多いことか。

 一芸を極めた人は、言葉も一流です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR