文武両道の秘訣

 春のセンバツ高校野球で、大会史上最大のブランクとなる、82年振りの出場を果たし、初戦を制した松山東高。
 松山北店の石川店長も、同校OBです。 

 愛媛で唯一、文科省「スーパーグローバルハイスクール」指定を受ける同高は、県下でも一二を争う進学校。
 その、偏差値70が注目を浴びています。
 
 さて、偏差値は学力レベルを数値化したものですが、その分布はというと・・・。
 『偏差値70以上 = 全体の2.275%』

 つまり、クラスに一人居るか居ないかというレベルの秀才だけを集めた学校ということです。
 実際、東大にも京大にも、毎年数名が合格しています。

 ハイレベルな進学校の甲子園出場は、一般的にイメージし難いものです。
 練習時間と勉強時間のバランスはどうでしょう。

 一日平均の家庭学習時間も、ホームページの中で開示されていました。
 『3年生=284分』 ・・・ 5時間弱

 進学校だけに冬場は18:40完全下校が校則となっており、放課後の練習時間は2時間しかありません。
 スポーツを奨励する私立高の半分以下です。
 早朝や帰宅後の自主練で補っていると報じられているものの、どう考えても間尺に合わない気がします。 

 学校の授業が終わった後、2時間練習して、19:00に帰宅して、風呂に入り、飯を食ってから5時間勉強する・・・。
 この時点で夜中の1:00。
 帰宅後の自主練や、早朝練を組み込むと、睡眠時間が無くなってしまいます。

 それでも彼らは、「時間が無い」「忙しい」と言い訳することなく、文字通り文武両道を実践し、結果を出してきました。
 ここに、我々の業務にもヒントがある気がします。

 「忙しいから物調ができない」
 「仕事しながら宅建に合格するのは無理だ」

 いえいえ、東高の生徒も、安倍晋三も、ビルゲイツも、そして我々凡人も共通に、
 一年は365日、一ヶ月は30日前後、一週間は7日、一日は24時間。
 ハンデもアドヴァンテージもありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR