公示地価に見るトレンド

 先日、国土交通省の公示地価が発表されました。
 
 首都圏においては、アベノミクス効果や東京オリンピックを見据えた投資熱の高まりを受け、値上げ基調に転じています。
 全国の大都市圏も同様の動きです。

 一方、我々の地元である四国はどうかというと・・・。
 松山や高松といった県都の中心市街地は、横這いから若干の上昇傾向です。
 しかし、一歩郊外に踏み出すと、僅かながら値下がりに転じ、大洲等の南予の地方都市は、△3~5%程度の値下がりと、なかなか下げ止まりません。

 何かにつけて批判するだけの野党的な論理ではなく、地方都市経済の疲弊は目に余ります。
 何と言っても、働く場所が無いことが致命的です。

 かつては農林漁業でも、それなりに豊かな暮らしが得られましたし、高度成長期の公共工事ばら撒きによって、地方経済は支えられてきました。
 海外からの安価な一次産品の流入、国の財政緊縮に伴う公共工事の抑制・・・こうした流れに抗いきれない地方の過疎化は避けられません。

 こうしたマクロ的な経済のトレンドを掴まずして経営することは、バックミラーを見ずに運転するようなものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR