ビジネスマンの市場価値

 弊社の賞与は年3回。
 従って、4ヶ月に一度の評価機会があります。
 今回は、昨年11月から今年2月までの評価。
 繁忙期真っ盛りとはいえ、評価は最も大切な仕事です。

 賞与支給に当たっては、以下のプロセスがあります。
1 賞与支給総額を決定する
 ※ 会社として利益が出ていなければ、支給しないという決定もあります
2 社員が自己評価する
3 上司が評価する
4 社長が調整し決定する
5 上司が部下と面談し評価内容を伝える

 また、評価のポイントは以下の通りです。
① 営業社員については4ヶ月の受注とお客様アンケートの実績を重視
② 店長については、個人の成績は問わず、4ヶ月の営業損益と対前年伸び率を重視
③ 数字に表れないクレーム応対、勤怠、勤務態度等について加味

 今回から、社員個々の付加価値を明確にするため、支給された給料の4ヶ月分と同期間の実績を比較することにしました。
 いわずもがな会社は、黒字社員が多ければ繁栄し、赤字社員が多ければ衰退もしくは撤退を余儀なくされます。
 
 小事に捉われず、楽しく和気藹々と仕事をすることは勿論大事。
 しかし、利益がなければ賞与も出せませんし、昇給もできませんし、雇用も維持できませんし、顧客サービスも叶いません。
 四ヶ月に一度、ビジネスマンとして自分の市場価値を、シビアに見つめ直す絶好の機会です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR