ホワイトカラーエグゼンプション

 ホワイトカラーエグゼンプション(裁量労働制)について、店長会でレクチャーしました。
 ともすれば、残業代未払いの温床とのそしりを受けがちな制度ですが、個人的には大賛成です。
 
 製造業の場合、 ベルトコンベアの速度が一定であれば、就労時間と生産性はほぼ合致します。
 残業しただけ生産も向上するので、手当支給も問題ないでしょう。

 ところが、営業職や企画職といった創造性の求められる仕事においては、長時間働いたからといって、必ずしも生産性は伴いません。
 
 判り易くするために、極端な事例を対比させます。
 AさんとBさんの基本給は、共に月額20万円です。

 Aさんは、年初に1億円の売買仲介を決め、600万円の仲介手数料を稼ぎました。
 その後、「もう今年の給料分は稼いだ」として適当に仕事をし、8月は1ヶ月間の夏期休暇を取ります。

 Bさんは、早朝から深夜まで、365日休みなく働き詰めに働きました。
 ところが、要領を得ないのか、運が悪いのか、成果は一切上がりません。

 人間としてどちらが好きかという好感度なら、間違いなくBさんに軍配が上がります。
 しかし、会社に対する貢献度はというと・・・。

 Aさん : 600万円-(20万円×12ヶ月) = 360万円の黒字社員
 Bさん : 0円-(20万円×12ヶ月) = -240万円の赤字社員

 Aさんは、黒字となった360万円の中から、一定の賞与を支給することもできるでしょう。
 一方、Bさんの仕事時間に合わせて、残業手当を支給したとするならば、更に赤字は拡大します。
 それどころか、利益貢献しているAさんとの逆転現象すら起こりかねません。
 下手をすると、残業手当欲しさに生産性を度外視して遅くまで働こうとする輩(やから)すら出てきます。

 皮肉なことに、要領が良く不遜なAさんタイプばかりの会社(店舗)は潤い繁栄しますが、要領悪く生真面目なBさんタイプばかりの会社(店舗)は破綻。
 「真面目にやったのに」と幾らぼやいても、この現実だけは覆すことができないのです。
 
 ここで大事なのは、努力の報われる時期。
 大きな手数料を上げたことで慢心し、努力を怠っていたAさんの成長はストップし、来期以降、確実に苦労します。
 一方、一所懸命種蒔きを続けてきたBさんの畑では、いつか必ず芽が出て花が咲き、収穫の時が訪れます。

 時間ではなく成果による評価は、短期的には歪みが生じるかもしれません。
 しかし、長期軸で見れば、必ず帳尻は合うもの。
 寓話「うさぎとかめ」の競争は、人生の縮図です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

渡邉美樹氏の言う「身体の重い亀」にならないといけないなと思います。

Re: タイトルなし

> 渡邉美樹氏の言う「身体の重い亀」にならないといけないなと思います。

「体の重い亀になろう。
後退せず、一歩一歩土を踏みしめ、
周りの景色を一つ一つ覚えて歩く亀になろう。
歩くのが上手になったら、同じ気持ちで少しずつ速く歩く工夫をしよう。
風が吹いても雨が降っても、後退しない体の重さを持とう。
困れば手足をひっこめてしまえ。
目標を明確に持ち、どっしり進む亀になろう。」
 ・・・その通りですね(*^_^*)
プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR