行政サービスあるある

 先日、八幡浜の某所で実際にあった出来事です。

 まず、有権者の皆様に訴えたいのは、この日私は内子→八幡浜→大洲→松山というタイトなスケジュールであったということ。
 私は官庁の駐車場で待ち受け、8:28に車を離れ、8:30始業ベルと同時に飛び込む予定だったのであります。

 該当部署のドアを開いたのと同時に、全フロアの数住人の職員が一斉に立ち上がり「おはようございます!」。
 「まさか?」お客様を全員が起立して歓待するとは「行政も変わったな」と思った次の瞬間、それが朝礼であることを思い知らされるのです。

 彼らにとって「お客様」である利用者の姿が見えようと、「それどころではない」「知ったことでは無い」のであります。
 上司の訓示が治まったのを見届けた後、ドアを開くと担当の男性・・・仮にケン君としましょう。
 彼に用件を伝えました。

 ケン君は、私が申し出た住所の場所を地図で確認しようとするのですが、なかなか探し出せません。
 大いに時間をかけた後、彼は地図を持ってきて、私の指示を仰ぎます。
 次に、その物件の記録を台帳から探すのですが、これも、なかなか探し出せません。
 ひとしきり時間をかけた後、彼は上司に助けを求めます。

 ケン君にとっては大苦戦の大仕事だったのですが、地図も記録も、他の人の力を借りますと、いとも簡単に瞬時に見つかってしまうのであります。

 ケン君は、私に一枚のフォーマットと記録台帳を差し出し、「書き写せ」と指示。
 そうこの官庁では、証明書の発行に際し、お客様である利用者自身が、記録を書き写さなければならないのです。

 やっとの思いで書きあげた私に、ケン君は「証紙600円分を買って来い」と指示。
 平身低頭、別のフロアまで行って証紙を買ってくると、ケン君は丁寧にピットのりを使って書類に貼付。
 その書類を上司の元に持参し、確認・押印。
 さて、これで業務は完了している筈なのですが、ここからケン君はとんでもない行動に出るのです。

 ① 官庁側の保管書類をホッチキスで綴じ
 ② その書類にパンチで穴を開け
 ③ フラットファイルに綴じ込み
 ④ はさみとホッチキスを所定の位置に戻し
 ⑤ ピットのりを落とし
 ⑥ 転がるピットのりを拾い上げ、引き出しの中に収納・・・

 この、ドラマの回想シーンの様な一連の流れは、「お客様」である私の目の前で展開されたのです。
 そしてケン君は、奇麗になった机上に残された一枚の証明書類を、徐(おもむろ)に取り上げ、わざわざクリアファイル(血税)に挟み、手渡してくれるのであります。
 所要時間、45分・・・。

 常に上司とお客様への確認を怠らず、机上にモノを出しっ放しにすることもなく、適宜片付けられる几帳面な青年ケン君。
 これを、新三大「行政サービスあるある」の一つとさせて頂きます。
 御静聴ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR