モノに惚れるな!

 不動産の鉄則です。

・ 場所が良い
・ 地形が良い
・ 交通の便が良い
・ 入居率が高い
・ 建物のデザインが良い
・ 前面道路が良い・・・

 惚れる要素は多岐に渡ります。
 恋愛と一緒で、冷静さを奪い、欠点を目立たなくさせるのが惚れた弱みです。
 
 バブル崩壊前まで、不動産は限りある資源であり、価値は上がり続けると信じられていました。
 今日1億円で買った不動産は明日1億2000万円で売れ、接道の無い山林を担保にでも銀行は融資する、狂った経済の都市伝説です。

 熱狂の覚めた今、不動産の価値は二つしかありません。

1. 収益のリターン
 ・ 駐車場
 ・ アパート
 ・ マンション
 ・ 事業用貸地・・・
 銀行に預けて僅かな利息を貰うよりも、或いは銀行から借り入れをして利息を払ってでも、より多いリターンが見込めるのであれば買いです。

2. 将来的な転売益
 ・ 今はアパートが建っているけれど、解体後、区画割りして宅地分譲する
 ・ 今は駐車場だけれど、隣地も含めて地上げし、分譲マンション業者に転売する・・・
 勿論、取得と売却にかかる費用も含めて、儲かるのであれば買いです。
 
 色味が悪く、不揃いで傷だらけの柿だが、皮を剥いて皿に盛って食べると、意外に遜色なかった。
 その柿を加工して、ゼリーにしたら、やたらと美味いし、高値で売れる。

 見た目は赤々としていて美味しそうな柿が、実は渋柿で食べられなかった。
 その柿を焼酎につけて渋抜きするか、皮を剥いて軒先に吊るし干し柿にするか。
 手間暇かけて作ったものの、スーパーで買った方が安くて美味しかった。

 真の価値を見抜くのがプロです。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR