採用における大人の事情

 求人面接を行いました。
 
 大学を9月に卒業という履歴書内容からすると、
 「遊び呆けていて単位を落とした」と推察されます。
 ところが、話を聞くと、そうではありません。 

 「言い訳に聞こえるかもしれませんが・・・」
 と前置きをして、訥々と語り始めました。
 
 大学3回生の時、父親が倒れ、家業を継ぐために実家に戻り、事実上休学を余儀なくされたのだそうです。
 その後、やはり自分が進むべき道は違うと悟り、親と膝詰めで話をし、家業は従兄に委ね、大学に復学します。
 単位不足から4月の卒業は叶わなかった・・・という事情です。

 「そこまでして決断したのだから、何が何でも不動産業に進みたい!」

 並々ならぬ強い意志が感じられました。
 不動産業は、賃貸・売買・開発と業態が分類されますが、そこも理解した上で、賃貸を志望しています。
 
 数ある同業者の中で、何故弊社を希望したのか?という問いにも理路整然と。
 「ホームページを見て社員の皆様の雰囲気がとても良く、社長のメッセージにも共感できたから。」
 更に、「どういう部分に共感したのか?」と突っ込んでみますが、具体的な内容をしっかりと話します。
 
 中小企業の門を叩く求職者の殆どは、以下の通りです。
・ 不動産でなくても、内定が貰えるのならそこで良い
・ 賃貸なのか、売買なのか、どうでも良いし、違いも判ってない
・ たまたまエントリーしただけで、競合他社でも構わない
・ どういう会社か調べていないし、ホームページなど見ていない

 そういう意味において、彼はすこぶる優秀でした。
 ただ、採用通知を出すか否かは別問題。
 採用は縁とタイミングですから・・・。

 このブログを見ていてくれているとしたらご免なさい。
 現在、大人の事情で思案中です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR