なめたらいかんぜよ!

 その昔、映画化された『鬼龍院花子の生涯』における、主演女優、故夏目雅子さんの決め台詞(表題)です。
 先日の店長会で、この少々粗暴な言葉を使わせて頂きました。

 「店長や役員や社長といった呼称は、あくまでも役割であって偉い訳ではない。
 社員を呼び捨てにしたり、理不尽な要求をするのは論外。

 但し、会社の方針に適う指示であれば話は別。
 仮に現場の抵抗を受けたとしても、やらせ切るのが管理職の務め。

 規律や命令でがんじがらめに縛りつけてコントロールしようとは思わない。
 そうした管理型の手法で成果が上がったとしても、働く社員が楽しくないと思うから。
 
 自由度高く個店主義を貫き、できる限り自主性や自燃性を奨励してきた。
 社員からの改善提案も、可能な限り積極的に受け入れている。
 社内コミュニケーションも無礼講で、話し易い雰囲気作りを重視してきた。

 そういう意味ではアットホームで自由闊達な社風と言えるかもしれない。
 しかし昨今、和気藹々ではなく、慣れ合いの一面が首をもたげている。
 
 上下の序列は無いとしても、管理職としての責任をエンパワーメントしている以上、時には軋轢(あつれき)を恐れず、抑え強いる勇気も必要。
 上司たるもの、腫れものに触る様な対応で、部下になめられてはいけないし、部下の立場で上司をなめてはいけない。」
 
 それが組織論です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR