現場に根付く理念:前編

 先日、尊敬する経営者の方から、得心する話しを頂きました。

 「理念は大切。
 しかし、問題は理念が現場に根付いているか否か。」

 本当にその通りです。
 自社の経営理念・方針に照らしてみれば・・・

 「厳格なコンプライアンス意識と高い倫理観に則り社会から尊敬される企業を目指します」
 と言いながら、皆で渡れば怖くないとばかり法令違反を繰り返す。

 「売買・貸借、何れも双方のお客様から感謝される中立・公正なサービスを提供します」
 と言いながら、何れかに偏った対応で、win-winに成って無い。

 「お客様の悦びを自らの喜びとする社員が、活き活きと働く職場環境を目指します」
 と言いながら、お客様をお客様とも思わない言動で、職場の雰囲気を暗くする。

 「社会から必要とされる存在価値の指標として、利益の最大化を心がけます」
 と言いながら、赤字が恒常化して、成長発展の見通しが立たない。

 「できない理由を排除し、どうすればできるかの可能性を追求する、ポジティヴ集団を目指します」
 と言いながら、できない理由ダメな理由ばかり挙げ、改善のための代替案が提示できない。

 これでは、絵に描いた餅。
 高尚で高邁で、選りすぐりの美辞麗句を並べた究極の理念も方針も、お題目では意味がありません。
 裏を返せば、頭のてっぺんから足の指先にまで血が通うが如く、社員の一人ひとりに至るまでが、掲げた理念そのままに考動されるのであれば、繁栄は約束されます。
 
 では、現場の社員の一人ひとりに、理念・方針を理解して貰うにはどうすれば良いか。
 日本電産の永守重信社長が、次の様に語っています。   つづく
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR