最後にババを引く人

 6月30日付の日経新聞一面に、「賃貸住宅建設ラッシュ」という記事が掲載されています。

・ 昨年度比15%増
・ 投資マネー流入
・ 個人は相続税増に備え

 先日、神戸で収益物件の決済をしてきました。
 ここ3年間、売りに出していた物件ですが、価格を変えた訳でもないのに、今年に入って俄かに引き合いが増えます。
 
 買い受けの申込は、一日に二件重なりました。
 一番は名古屋の業者、二番は香川の業者。
 二番の業者は、「買い受けの金額を200万円上げるから一番にしてくれ」という交渉までしてきます。
 
 当然に信用を重んじ、一番の業者と話を進めた訳ですが、これが第三者のための取引。
 俗に中間省略と言われるもので、平たく言えば転売です。
 最終的に買われたのは、兵庫県のオーナー様でした。
 勿論、価格は上乗せされていた筈です。

 この一連の現象は、バブルという言葉でしか説明がつきません。
 相続増税、消費増税、活発な株取引といった背景から、投資熱が過剰に高まっています。
 東京、大阪、名古屋といった都市圏の物件が品薄となったことで、地方の物件に白羽の矢が立った訳です。
 
 そうした一連の流れを受けて、新築も活況を呈しています。 
 賃貸住宅の適正供給戸数は、年間20万戸と言われる中で昨年は37万戸で5年振りの高水準です。

 但し、収益還元の観点からすると、源となる家賃は上がりません。
 寧ろ、下落傾向にあります。
 周囲が熱狂し、金融機関の融資が甘い今こそ、より慎重に見極めるべきでしょう。 
 最後にババを引かない様に・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR