サブリースの暗部

 本日の店長会で、サブリース事業について意見を交わしました。

 大手賃貸住宅メーカーが、「30年一括借り上げ」といった謳い文句で地主様に営業をかけるスタイルは、ここ半世紀で出来上がった一つのビジネスモデルです。

 家賃6万円で4室なら満室賃料は24万円。
 例えばこれを20万円で借上げます。
 月々のローンの支払いは15万円なので毎月5万円、給料が上がったのと同じ理屈です。
 
 何と言っても、天下の上場企業が借り上げてくれるのですから、年間60万円☓30年=1800万円が濡れ手で粟・・・という勘違いが地獄の一丁目。
 そんな甘い話はありません。

 退去者が出る度に、多額の原状回復修繕費用が差し引かれます。
 中長期スパンでは、サイディングやコロニアルの塗装工事も必要です。
 また契約書には必ず、「二年毎の家賃の見直し」という条項が・・・。
 
 ある時、担当者が賃料改定の文書を携えてやってきます。
 「申し訳ないのですが、20万円の保証賃料を14万円に・・・。」
 これでは返済額にも満たない。

 怒り心頭で解約を口にすると、意外にもあっさり受け入れた。
 ところが、引き渡しされた部屋は、2F:5万円、1F:4万円に賃料改定されていて、おまけに一室空いた状態。
 奇しくも総賃料は14万円、支払いは15万円。
 
 ローンはまだ十年以上のこっている。
 後悔先に立たず・・・。

 薔薇色のサブリースシステムにも、暗部はあるのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR