権限委譲と責任委譲

 先日の中小企業家同友会は、経営幹部と共に総勢6名で参加致しました。

 意図的に別々のテーブルに座り、初対面の方と名刺交換をし、グループ討議で意見を交わす・・・社内のいかなる研修よりも視野が拡がり、現実を直視することができる格好の機会です。
 また時に、TOPの語る百万言より、説得力があったりもします。

 さて、今回のタイトルは長文です。

 『激動の時代の今、なぜ人を生かす経営が必要なのか?
 ~自社の経営課題を明確にし、改革に取り組む~』

 FBでも書きましたが、「なぜ」ではなく「だからこそ」必要なのでしょう。

 人を育てる上で最も有効な手段は「任せる」ことです。
 TOPが戦略をたて、事細かに戦術を指示し、手取り足取り戦技をレクチャーするのも一つの教育の形ですが、ともすればやらされ感満載の指示待ち族を増殖させる恐れがあります。
 
 「君ならやってくれると信じている」と期待することで、その期待に応えようとする気持ちが高まり、やる気や知恵が引き出されるのは人情道理です。
 
 さて、「君の力に期待して権限を委譲する。 でも責任は委譲しないから思いっきり暴れてくれ。」・・・。
 一見、理想の上司の立派な台詞に聞こえます。

 確かに、売上の責任、社員教育の責任、顧客満足の責任・・・様々な責任は重いもので、引き受けると大変です。
 数字が作れなければプレッシャーで胃が痛み、重大クレームが起これば眠れない夜もあるでしょう。
 しかし、それらの責任も含めて委譲しなければ意味がありません。

 何故なら「責任」と「やりがい」は背中合わせ、表裏一体、一体不可分で切り離せないものです。
 フェローシステムの三好社長が、的確な言葉でお示し下さいました。

 『責任を取るのは経営TOPの仕事。
 責任を果たすのは任された者の務め。』

 その通り。
 責任を取って「辞めろ!」とか「損失補填しろ!」ということはありませんが、任された以上は責任を果たしましょう!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR