FC2ブログ

個の意地と公の願望

 芝居小屋「内子座」をホームに、アマチュア劇団「AUGHANCE」を旗揚げして、今年で20年目を迎えます。
 
 自分は、旗揚げから4年間代表を務めました。
 舞台に立つことはなく、演出的な形で関わることが殆どです。
 これまで、公演のほぼ半分は脚本も手掛けています。

 今秋11月23日(日)には、20周年記念公演を予定。
 この5月は、その脚本選定時期です。
 口幅ったい言い方に成りますが、以前は「松岡が書けば決まり」という雰囲気があった感は否めません。

 それが近年は様相が一変し、劇団員数名がオリジナルを書きおろし、コンペで競う形に成っています。
 結果、不採用になることの方が多く成りました。
 
1. 創作ネタの泉が枯れかけている
2. 創作に取り組む時間が少ない

 何れにしても劇作家としては、憂うべき事態です。
 しかし、組織運営としては、目指すべき、望むべき環境と言えます。

 一人の力に寄りかかると、その一人の凋落によって、組織全体が機能しなくなってしまいます。
 何より、新たな才能が次々と誕生し、高レベルな競争を繰り広げることで、クオリティの高い、面白い芝居を観客の方々に観て頂けるのです。
 
 立ち上げ当初は、その存在感を高め、カリスマ的なリーダーシップで牽引することが求められました。
 やがて、安定期・成熟期を迎える次のステップでは、存在感を徐々に薄めていくことが王道でしょう。
 
 とは言いながら、「競うからには選ばれたい」と願う個の意地と、次世代を担う才能の台頭を待つ公の願望が、複雑に絡み合う今日この頃です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR