ISO的思考習慣

 ISO導入時に、大変勉強になったことがあります。

 発生頻度 ☓ 発生時のリスク = 重大性

 これをランク別に数値化し、再発防止策や未然防止策を講じる上での、重大性の基準を定めるのです。
 
 頻繁に発生するけれど、発生時のリスクが軽微であれば、重大性は低いと評価されます。
 滅多に発生しないけれど、一旦発生すると会社の経営を揺るがせる程の事象であれば、当然に対策が講じられるべきです。

 毎日の朝礼や社内の会議で、様々なクレームが報告されます。
 個々の事象について、情報を共有することは大切です。
 但し、「皆さん気を付けましょう」という声掛けや心掛けだけでは、再発防止できません。

 ① その問題が起こった真因は何か?
 ② 過去に同様の問題は無かったか?
 ③ 発生頻度は多いか少ないか?
 ④ 発生時のリスクはどの程度か?
 ⑤ 再発防止策を講じるだけの重大性があるか?
 ⑥ どうすれば再発防止できるか?

 段階的に発展的な思考を積み上げ、最終的に再発防止策を構築し、全社的に水平展開を図ります。

 我が社の様な中小企業にISOが必要とは思いませんが、ISO的な思考習慣を具備した社員を創造するための、ケーススタディによる教育・訓練は必須です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR