FC2ブログ

社員の働き方を変える

 夜残業過多のワークスタイルを朝型に切り替え、業績を好転させた伊藤忠商事社長「岡藤正広」氏が、週刊ダイヤモンドで語った内容です。

『経費削減も大切ですが、本来の目的は、社員の働き方を変えることにあります。
 商社と言ったら、昔は夜遅くまでやっているのが当たり前でしたが、今はもうどれだけ長く会社にいたかを問う時代ではありません。

 昔、私の部署に月間150時間も残業をしている人がいました。
 それが必ずしも仕事ができる人ではなかったんですよ(笑)。
 
 逆に、
 「もちろん残業が必要な時はやる」
 「でもそんなことはめったにない」
 という人のほうが仕事ができました。

 朝に1日の段取りを考えて、仕事をするときは集中して猛烈にやる。
 そうした働き方が良い成果を生むと考えています。

 ですから社員には、朝と昼は顧客や取引先に合わせて集中して仕事をして、夜は家族と過ごしたり、自己研鑽に励んだりする時間に充ててくれることを望んでいます。』 
 
 この明快な言葉に、蛇足は不要でしょう。
 一流商社TOPからの、朝活のススメです。 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR