無免許パイロットのヘリ

 中長期経営計画を終え、繁忙期目標達成祝賀ランチを経て、本来なら解散になる筈の水曜日の午後。
 7名の社員と共に、再び会社に戻ってきました。

 営業社員でありながら宅建資格を有していない7名です。
 昨年の全滅という惨状を受け、今年は試験半年前のタイミングで、第一回目の社内模試を実施しました。
 今回は、30点以上を合格ラインとしています。
 現時点で30点をクリアするなら、半年後には全員合格間違いないでしょう。

 無資格者が法的にできない仕事は、重要事項説明。
 文字通り、重要な事項の説明ができないということです。
 お客様からどれだけ信頼され、どれだけ信用があったとしても、無資格者一人では契約を完結できません。
 他人の力を借りないといけない訳ですから、半人前と言われて当然です。

 【 例話 】  
 『新婚旅行でハワイに行き、ヘリコプターの遊覧飛行をオプショナルツアーで申し込んだ。
 添乗員に案内されてヘリポートに行くと、サングラスをかけた屈強なパイロットが降りてきて、笑顔で握手を求めてくる。
 
 「やあ、おめでとう。
 今日は快晴、空からの眺めは最高だ。
 風は少し強いけど、俺は飛行時間2,000時間超のベテランだから安心しろ。
 ライセンスは持ってないけどね♪」

 茶目っ気たっぷりに舌を出す陽気なパイロットの、最後の言葉に二人は凍りつく。
 委細かまわず、ツアー参加の同意書にサインを求める添乗員。
 二人の笑顔は共に強(こわ)張り、背中に走る戦慄(せんりつ)を禁じえなかった。』
 
 貴方は、このヘリに乗る勇気がありますか?
 そう無資格で営業するのは、これと同じです。
 資格を持つのが偉い訳ではなく、資格を持たないのがあり得ないこと。
 命を守る器を提供するならば、真のプロフェッショナルを目指さなければなりません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR