繰り返し読む良著

 ここ最近、一倉定「経営心得」からの引用ばかりが続いています。 
 
 「もう、その話は飽きた。」
 「自分も、前に読んだことがある。」

 書き出しの時点で、そうした食傷気味な声が聞こえてきそうです。
 そんな方々に、お尋ねします。

 ・ 本著の内容を、どれだけ記憶していますか?
 ・ 内容を充分に咀嚼し、理解できていますか?
 ・ 部下に伝えることはできますか?
 ・ 実務に落とし込めていますか?
 
 いかに優秀でも、一度二度読んだだけで論旨を理解・実践できる人は、そう多くありません。
 自分自身、中長期経営計画の合宿および策定に当たり、これまで何十回も読み込んだ本を読み返した訳です。
 しかし、改めて共感できる内容や、新たな気付きの連続でした。

 繰り返し繰り返し読むことで、リピート効果が生まれ、腑に落ちるせいもあります。
 また、立場や役職が代わり、受け止め方自体が違ってくるのも事実でしょう。

 ① 知っている
 ② 理解している
 ③ 伝えることができる
 ④ 行動に移している
 ⑤ 継続的に取り組んでいる
 ⑥ 習慣にまで昇華している

 同じ本を読んだとしても、活かし方のレベルによって天と地ほどの開きがあります。
 こぐちに手垢がつくほど、一冊の本を何度も何度も再読する・・・。
 そんな良著との出会いを大切にして頂きたいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR