経営者として最大の罪

 初めての試みであった経営計画策定合宿は、「SWOT分析」から。

 <内的>
 Strength(強み) エイブルブランドの信用力、グループ企業の資本力・・・ 
 Weakness(弱み) 社歴・経験が浅くノウハウが未熟、売買仲介の対応が不充分・・・

 <外的>
 Opportunity(機会) エイブル出店の空白地が多い、ペット共生意識の高まり・・・
 Threat(脅威) 同業他社の出店ラッシュ、自然災害のリスク拡大・・・

 足元を改めて見直すことで、業界や地域における、自分達のポジションが明確になります。
 その上で、次の一手(戦略)を模索するのです。
 
・ どのように強みを活かすか?
・ どのように弱みを克服するか?
・ どのように機会を利用するか?
・ どのように脅威を取り除くのか?

 戦略とは何か?を、自論で説きました。

 『戦略とは、社員の努力が正当に報われる方向性』

 優秀な人材を数多く集め、その人材が才能を駆使し、がむしゃらに頑張ったとしても、戦略そのものが間違っていたら、絶対に成果にはつながりません。
 それこそが、経営者として最大の罪であり、企業として最大の不幸なのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR