一倉定の経営心得

 休日明けの10日、11日、幹部社員による経営計画策定合宿を実施します。
 ここで構築された内容を元に、中長期ヴィジョンを含む経営計画書を作成し、16日の経営計画発表会で周知する予定です。

 勿論、一週間で総てが完成する訳ではありません。
 大筋の骨格や流れは、これまでに累々と積み上げてきました。
 この合宿は、次代を担うリーダー達に魂を吹き込む最終作業と言えるでしょう。

 さて、経営計画策定前に、必ず読み返す名著があります。
 中小企業経営者の父と言われた偉大なコンサル、「一倉定の経営心得」です。

 『すぐれた企業は、必ずすぐれたビジョンを持っている。』

 『社長は年単位でものを考える人である。』

 『経営計画書は、社員の心に革命をもたらし、会社に奇跡をもたらす「魔法の書」である。』

 『「経営計画」の時間を節約するというほど、誤った時間の使用法はない。』
 
 この大見出しだけを読んで、「ああ、こういう意味だな」と腑に落ちれば及第点。
 判らなければ、本の購入と熟読をお薦めします。
 自分は、繰り返し繰り返し、何十回も読み返してきました。

 「計画を立てる時間が最もワクワクする」

 まずは幹部社員が、やがては全社員が、そういう心境に成れたなら、半ば計画は達成したようなものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR